FC2ブログ

春の兆しが…、「年輪の里」

2月18日(月)晴れ

昨日(17日)は、春日文化ホールにおいて「丹波市民展」の応募作品の審査が行われました。
クラブの会員さんに、出品するよう勧め、9名が出品しましたが、1名がトップの「市民展賞」、2名が「奨励賞、1名が「賞候補」、4名が入選、と8名が入賞しました。
会員さんに「出せ出せ!」とお尻を叩いておきながら入賞出来なかったら…、と少し不安だったのですがかなりの好成績でホット胸をなでおろしたところです。

そして今日は、そこそこ天気も良かったので、「年輪の里公園」を訪ね、「春の兆し」を求めて散策しました。

公園入口にある展示物、いつも見慣れているので余り詳しく見ずに素通りするのですが、改めて見直すと、「トイレに駐車場、レストランに運動場、池…」等が示された公園の案内図であることを発見しました、多くの方も案外気が付いてないかも知れません。



枝に残る枯葉、それでも枝先には芽吹きを予感させるふくらみが見られます。

2-20190218037.jpg

空に浮かぶ海ウニのような形をした異様な物体?

これは「アメリカフウ」という木の実です。

3-20190218007.jpg

そういえば今は「梅花」の最盛期なのですね。

わずかに4、5本ですが小さな木に花が咲いていました。

4-20190218017.jpg

グラウンドで、幼稚園児が数人はしゃいでいました。

背後には、朝霧がまだたなびいています、もう昼前なのですが…。

5-20190218020.jpg

何でもない光景ですが、山と霧があるだけで何んとか「絵」になります。

6-20190218022.jpg

7-20190218028.jpg

「ロウバイ」がひっそりと咲いています。

8-20190218032.jpg

「背景処理」で少し遊んでみました。

9-20190218034.jpg

気温は結構低いのですが、陽ざしに春のあたたかさが少し感じられます。

10-20190218023.jpg

木の影と散策路を歩くお年寄り…、人影があまり目立ちませんが…。、

11-20190218036.jpg

買い物後に4、50分、寒さに少し震えながら園内スナップ。

何でもいい、とにかくシャッターを押せばそれで何となく安心できる…、厄介な病気?です。

今週末は神戸で写真展の鑑賞と例会、日曜はたんば写真クラブの例会と、行事が続きます、寒さなんかには負けてはいられません。

久しぶりの雪、「岩瀧寺」を訪ねる

2月10日(日)雪

昨夜からかなり冷えると思っていましたが、今朝起きてみると外は雪、とはいえ屋根や田んぼにチラッと積もった程度で道路に積雪はありません。
それでも久しぶりの雪なので、じっと家に閉じこもっている場合ではないと、カメラを持って出かけることにしました。
行先は近くの「岩瀧寺」、小さいながら風情のあるお寺で、今まで四季折々に何度も足を運んだお寺です。

村を外れ、ほんの少し山間の狭い渓谷に入るとお寺があります。

その背景に目をやると、先端に雪を冠った杉林の模様が面白く、その合間から覗く落葉樹がいいポイントになっていたのでまず一枚。



この参道は何度も撮った光景ですが、脇の杉木立と奥の山門をポイントに奥行きを出すと、深山の雰囲気が表現できます。

2-20190210007.jpg

山門の「額縁効果」を生かし、奥に雪屋根の本堂を入れると、一幅の絵画のごとし…。

3-20190210015.jpg

山門の右下には、おなじみの赤い涎掛けのお地蔵さん四体、今日は「赤」が特に目立ちます。

4-20190210014.jpg

散らつく雪が雰囲気を盛り上げます。

5-20190210048.jpg

水滴の残る楓の小枝と降る雪…。

6-20190210056.jpg

本堂裏手から、降る雪を遅めのシャッタースピードで。

7-20190210032.jpg

苔むした藁ぶき屋根とシャクナゲの葉、降る雪がもう少し強ければいいのですが。

8-20190210034.jpg

本堂側から見た山門、サザンカ花がもう少し多ければいいのですが。

9-20190210053.jpg

「夫婦杉」越しに振り返ります。

10-20190210059.jpg

約3、40分、途中少し雪が舞いましたが、思ったほど積雪もなく、写真的には少し物足りませんでした。

それでも、この日に雪が降ったと言う一つの記録、これも写真の大事な要素と言い聞かせ帰宅しました。


「有馬節分会」&「コスプレフェスタ」に行く

2月3日(日)曇り雨

本日は、昨日の「たんば写真クラブ」に続き、”ぐるっぺ「ヒロ」”の撮影会で、有馬温泉で開催される「有馬節分会」と「コスプレフェスタ」に行って来ました。
当日は、三田市民美術展の展示最終日でもあり、同展に入選した会員さんの作品も観ておきたいということで、会員さんの車でまず三田市総合文化センター「郷の音ホール」を訪ね約一時間会場で作品鑑賞、その後「有馬温泉」へ、温泉駅前で神戸から参加の6名と合流しました。

撮影会の名目は、「有馬節分会」なのですが、昨日のブログにも書いた通り、その近辺でうごめく人間模様が狙いで、さらに本日は「コスプレフェスタ」が同時開催の予定なので、非日常的で普段あまり目にしない被写体の方を重視してカメラを手に街中に繰り出します。

まず目に入るのが、街中を流れる川と炭酸泉で赤茶けた遊歩道、何でもない光景ですが、形と色が見どころです。



「コスプレ」…、アニメや漫画やゲームのキャラクターの衣装(コスチューム)を着て、登場人物に「なり切る」ことを楽しむ、のが趣旨で、いろんなクループがあるらしい。
残念ながらよくは理解できませんが、彼女や彼らたちの様子を見ていると結構楽しそう。

そんなイメージがこの絵でしょうか…(これはカレー店の店先です)。

2-20190203086.jpg

そんなイメージ通りの三人組が、「まんじゅう店」の前で自撮りをしていました。

3-20190203020.jpg

名前は知りませんが、アイドルグループが寒風の中、コンサートを開いていました。

その前はファンなのか、かなりの人だかりです。

4-20190203040.jpg

「新選組と坂本龍馬」のイメージなのでしょうか、「みたらし団子」を手に前を通りかかりました。

それにしても、すごい厚底のヒール、このアンバランスがまたいいのかも知れません。

5-20190203010.jpg

「見てほしい」のが本心ですから、声をかけると気軽に撮影に応じてくれます。

しかし「ノースリーブ」の彼女、「寒くないのか」と聞いてみると、「大丈夫とのこと」、あまり気にはならないようで、さすがです。

6-20190203014.jpg

カメラを向けると、すぐにポーズをとってくれます。

よくこの長い刀を鞘から抜くことが出来たもの、だいぶ練習したのでしょうね。

7-20190203048.jpg

お面で半分隠れていますが、かなりの美形です。

肩の「狐」の存在が効いています。

8-20190203067.jpg

記念の集合写真、思い思いのポーズで画面に収まります。

余りカメラを持ったことのないような「おっちゃん」もたくさん集まり、盛んにシャッターを押しています。

9-20190203082.jpg

普段こんな衣装で街中を歩くには勇気がいるでしょう。

それでも今日はすべて「無礼講」、街の雰囲気とのミスマッチ「非日常」が許される日、堂々と闊歩しています。

10-20190203090.jpg

ちょっと探せば、面白い被写体は結構見つかるのですが、「コスプレ」に目を奪われ見落としてしまいそう。

11-20190203078.jpg

「午後3時ころから雨」との天気予報でしたが、2時過ぎからかなり雨が降り始め、しばし喫茶店で雨宿り。
その後、同行の会員さんが三田市民展の入選作品の搬出をしなければならないので、3時半過ぎになり神戸の会員さんに別れを告げ出発。

結局今回も、メインの「豆まき」は撮らずじまいで、途中雨にはなりましたが、普段あまり目にしない珍しい被写体もあり、結構楽しめました。

ただこれを、「作品にする」のは結構難しそうではあります。

京都「八坂神社節分祭」から「祇園」へ

2月2日(土)晴れ

本日は、「たんば写真クラブ」の撮影会で京都「八坂神社節分祭」に行って来ました。

参加者は、インフルエンザ等の影響で参加出来ない方が増え、わずか4名となりましたが、幸い天候に恵まれ、少し暖かいほどの陽気と観光客の雑踏の中、何とかそれなりの作品作りは出来たのではないかと思います。

福知山線「篠山口駅」に10時過ぎに集合、大阪で「阪急京都線」に乗り換え、午後1時過ぎに「四条河原町」に到着、早速カメラを構え八坂神社を目指します。
途中「四条大橋」からは、遠くに雪を冠った山並みを望む鴨川の堤防沿いを、春日を浴びながら散策する人たちののどかな光景が目に入り、思わずシャッターを押してしまいます。



体が触れ合わずには動けないほどの人ごみの中を歩き、ようやく八坂神社の山門前にたどり着きました。

おそらく3分の2以上はいると思われる外国人観光客、その中でも着物姿の女性が特に目立ちます、これが日本を訪れる彼女らの最大の楽しみなのかも知れません。

2-20190202013.jpg

きれいな光の中で何かに夢中になる女性の後姿を撮らせてもらいました。

3-20190202040.jpg

余りの人の多さに写真どころではないと、約一時間で神社を後に、「祇園」の町中に出ました。

少し路地を入ると石畳の静かな通りがあり、何となくほっとします。

4-20190202052.jpg

少し角度を変えて一枚。

これぐらいの光景は何も京都まで来なくても…、かも知れませんが、やはりこんな光景が一番「古都」らしく、風情があります。

5-20190202054.jpg

この石畳の通りには、「舞妓さん」でなくとも「着物の女性」が似合います、後ろ姿でも雰囲気があります。

6-20190202061.jpg

スマホで写真を撮りあう二人の女性がいました、オレンジ色の西日がいい感じです。

7-20190202074.jpg

店先で45度に腰を折り、深々と頭を下げお客を見送る割烹着の二人が目に入りました。

その客は余程の上客なのでしょう、一度こんなお見送りをしてもらいたいものです…。

8-20190202072.jpg

狭い路地はどこまでも続きます。

提灯と唐傘、その色彩に惹かれシャッターを押しました。

9-20190202088a.jpg

「四条大橋」袂から狭い路地をめぐり「三条大橋」に着きました。

橋上から河川敷を見下ろすと、サイクリングを楽しむ人の影が長く伸び始め、夕刻が近づいて来たことがわかります。、

10-20190202109.jpg

川辺で腰を下ろし語らう二人、髪の毛の色からして外国人でしょう、その背後をサイクリングの若者が通過します。
対岸には等間隔で並ぶカップルの姿も見えます。

平和な時間が過ぎて行きます…。

11-20190202114.jpg

5時前になり、「阪急河原町」の駅に戻ると、ロボットのパフォーマンスで人を惹きつける白装束の男性がいました。

ギクシャクと動くそのしぐさは見事です。

12-20190202128.jpg

その後、人身事故のせいで阪急電車は遅れたようでしたが梅田まで戻り夕食後、大阪から来た時と同じ経路で帰宅しました。
歩行約13,000歩、いつもに比べ少し少ない目でしたが、それでもよく歩きました。

ところで、「節分祭」の撮影と言いながら、「豆まき行事」は何も撮っていません…、それはいつものことで、狙いは行事そのものでなく、行事の近辺でうごめく「人間模様」を撮るのが目的、だから、「節分祭」の模様が何も写されてなくても不思議ではありません。

そしてまた明日は、”ぐるっぺ「ヒロ」”の撮影会で「有馬温泉」へ行くことになっています。
少し天候が心配ですが、頑張ります!

大阪メトロ「花園町駅」から「釜ヶ崎」へ

1月28日(月)雨

 一昨日(26日)は、”ぐるっぺ「ヒロ」”の例会と新年会があり、神戸へ行って来ました。
 例会では、昨年の写真展を見て”ぐるっぺ「ヒロ」”に関心を持たれた方が例会に始めて参加され、早速入会されました。
 その方の作品は、今までにはなかった、かなり斬新な作風で年齢も若く、今後のクラブに新しい風を吹き込みそうな作家として活躍をに大いに期待したいところです。
 その後の新年会の、恒例の「今年の抱負」を述べ合うコーナーでは、「昨年の抱負」が如何に達成されたかでも盛り上がり、もちろん新人の方も参加され、早くもクラブの一員として溶け込まれたことは言うまでもありません。
 そして、翌27日(日)は、これもまた私の例会翌日の「ついでスナップ」で大阪に行き、「西梅田」からメトロで「花園町」駅近辺を散策することにしました。
 
 「西梅田」の地下にもぐると面白い被写体がありました、馬の形をした植木鉢です。
 こんなユニークな発想はどこから出てくるのでしょうか…。
 


「西梅田」から「花園町」へ、駅を降りると大きなスーパーがあります、こんな都会の真ん中でも格安の野菜が並んでいます。

田舎の朝市で売られる野菜と値段は変わりません、ただし、とれとれで並ぶ田舎とは新鮮さが違うとは思いますが…。

2-20190127015AA.jpg

「花園町」、きれいな名前ですが、街の様子とは余りイメージが合いません。

3-20190127021AA.jpg

どこに行くと当てがあるわけでなく、「何か面白いものがないか…」と賑やかそうな街角を求めてホロホロ歩いているうちに、「花園本通り商店街」、「鶴見橋商店街」等に行き当たりました。
目についたのは、八百屋の前に停められた、「アンパンマン」の飾りがついた自転車…。

4-20190127050AA.jpg

商店街の道のど真ん中に、大きな絵が描かれていました。

干支でもなし?、0から23までの文字が刻まれていますが意味が分かりません。

5-20190127052AA.jpg

10時前に花園駅を下車後、あちこちを彷徨っているうちに何となく見たことのあるところへ出ました。

よく見ると、何と今までに二度来たことのある「釜ヶ崎」です、後で気が付いたのですが、地下鉄「花園町」は、環状線「新今宮」に近く、方向感覚も持たずホロホロ歩いているうちにまたも「釜ヶ崎」に着いていたのです。

「新今宮駅」近くにある「あいりん労働公共職業安定所」(その2階が「大阪社会福祉医療センター附属病院」となっている)の1階のコンクリートの広い場所には、あちこちに自転車や段ボール、毛布等の私用物が置かれ、時には彼らのねぐらにもなっているようです。

6-20190127071AA.jpg

冷たいコンクリートに腰を下ろしじっとしている人たちがたくさんいます。

ことに今日は寒風が吹く寒い日、じっとしていると凍えてしまうのでないかと案じられる寒さです。

7-20190127074AA.jpg

8-20190127076AA.jpg

9-20190127081AA.jpg

11-20190127087AA.jpg

12時過ぎになりお腹も減ったところで、駅近くにあるラーメン屋に入り、餃子と生ビールで簡単な昼食。
そのうち青空も出てきたのですが、足がかなり疲労してきたので、名残惜しいながら引き上げることに…。

しかし大阪駅まで戻ったところで、ビルの切れ間に差し込むきれいな光が気になり始め、「この光を逃がす手はない」と思い直し未練がましく、また駅近辺をしばらくスナップ。

吹きっさらしで寒さに震える人がいる「釜ヶ崎」と、ごった返す観光客があふれ、どこまでも暖房が効いて暖かい「大阪駅」、その落差に少し戸惑いながら…。

12-20190127109AA.jpg

4時過ぎに丹波に戻ると、昨日の積雪が屋根や田に残り、これまた都会との落差に戸惑います。

それでも寒くてもこれが我が家、やはり一番心の落ち着くところであります。
プロフィール

kotebon

Author:kotebon
趣味は写真、テーマはネイチャー、スナップ等何でも…。少しでも人の共感を得られるような写真が撮れれば最高です。

日々の暮らしの中で、「写真」と「きれぎれの想い」を発信していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR